園の概要

沿革

昭和25年以前 土居田集会所(現在の公民館分館跡)で、非農家の主婦や女子青年ボランティア の人たちで季節保育園をしていた。
昭和26年頃土居田保育園として園児30名前後を保育、公民館まつりにも参加。
昭和47年10月土居田集会所、建物老朽化のため、土居田保育園が廃園となる。
昭和47年11月社会福祉法人愛育会設立(厚生大臣認可)児童福祉施設「のぞみ保育園」開園
定員 90名  理事長 横田秀雄   園長 横田瞳
昭和52年10月地方自治発展により松山市長より表彰を受ける。
昭和56年 4月日本自転車振興会の補助金により施設の増改築をする。定員120名
昭和56年11月10周年記念行事をする。
昭和56年11月日本保育協会主催、中四国地区保育研修「健康」について発表し公開保育を行う。
平成 3年 4月 乳児保育事業実施保育園の認証をうけ「0歳児保育」を始める。
平成 4年11月創立20周年記念式典をする。
平成 6年 4月特別保育事業「地域子育て支援センター」を始める(モデル強化事業)
平成 7年 4月特別保育事業「一時的保育事業」を始める。
平成 8年 4月特別保育事業「時間延長型保育サービス」を始める。
平成10年 7月国庫補助金により、園舎改築をする。
平成13年 4月特別保育事業「休日保育」を始める。
平成14年11月創立30周年記念行事をする。
平成16年12月 理事長 横田暢洋
戻る
ページのトップへ

サイトマップ

プライバシーポリシー

リンク

お問い合わせ

Copyright(C) のぞみ保育園 Co.,Ltd 2007 All rights reserved